無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
[週刊マバコラ] 夏の色
なんだかんだでいつもテンパり気味のコジエです

天然パーマでもないのにあだ名が「てんぱ」とかになったら
きっと、ものすごくいたたまれない気分なんでしょうね。
なんだかアタマが悪そうなあだ名だし・・・

それにしても暑い!

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざがありますが
自分の場合は「「夏が終わると暑さを忘れる」といった感じで
毎年、夏ってこんなに暑かったっけ?と首をかしげています。
嗚呼、あだ名に関係なくアタマが悪いことがバレてしまう・・・

そんな暑い夏ですが、じゃあ嫌いなのかと聞かれると
まったくそんなことはなくて、むしろ好きな季節です。

これが解答!(最後まで読めば意味がわかりますよ)

3回目の映画祭で「Jam Karet」という映画 (とは名ばかりで
完全にスライドショー) を作りましたが、その作品の題材と
なったバリ島には、かれこれ10回以上も旅行しているので
なぜ同じ所に何度も?バリの魅力は?とよく聞かれます。

「子供の頃の夏休みがずっと続いているような場所だから」

これがずいぶん長いこと悩んで導き出した答え。

一番好きなバリの写真です

夏になると開放的な気分になったり、高揚感を持つ人が
多いと思いますが、自分の場合それらに加えて何故か
なんともいえないノスタルジックな気持ちになります。
それがたまらなく好きなんですけどね。

時が過ぎて小さな出来事は記憶から消えてしまったとしても
あの頃に感じた贅沢すぎる自由さや楽しさといった感情、
五感すべてで感じた "本物" の夏の感触といったものは
強烈な体験として記憶とは別に残り続ける気がします。

それと同時に、どんなに努力しても、お金があっても
あの頃と同じ夏は二度と経験出来ないと知っている
ちょっと大人になった自分に気付きます。

失った場所や景色
過ぎ去っていった年月


このノスタルジックな気持ちはその辺りから
生まれてくるんだろうなと最近になってやけに納得。

川の音と遠くを走る電車の音しか聴こえません


故郷は遠くにありて思うもの、そして哀しく詠うもの・・・

そのとおりだなとずっと思っていた山梨での生活も
早いものでひと月が経過しました。

ある朝、庭に出て空を眺めながら目覚めの一服。
この朝の空気はどんな言葉でなら伝わるだろうかと
考えた時に思い浮かんだのはこんな言葉。

こちらの朝は、曇ったウブドです

あの頃の夏を求めるように幾度となく旅したバリ。
毎回滞在している、山の中にあるウブドという村で
遠い過去の、遠い故郷を感じていた。

そして今、東京から電車で2時間の故郷に
遠い外国でしか味わえないと思っていた
懐かしい夏を見つけた。

朝6時頃に叩き起こされるからこそ見られる風景です


前回書いたホタル祭りには結局行きませんでした。
うっかり20年ほど忘れていたのですが驚きの事実。
さて寝るかと灯りを消して何気なく窓の外を見てみたら
庭のあちらこちらで淡いホタルの光がゆらゆらと・・・

わざわざ見に行く必要ないじゃん!

なんだか懐かしいけど新しい
リアルな今年の夏です。


空気がわかる写真っていいっすよね


そろそろお別れの時間です。(ってナニ気取りだ?)

本日のお別れソング

晩夏(ひとりの季節) 荒井由実 1976年


梅雨明けもまだなのに「晩夏」で申し訳ないのですが
みなさんはこの歌詞に出てくる空の色を
ちゃんと思い描くことが出来ますか?

空を見上げるなら見るたびに表情を変える
夏の空がオススメですよ。


この井戸の冷たい水が最高においしかったこと今更気が付いた(けど時すでに遅し)


みなさんにとって今年の夏が素敵な過去になることと
映画という記録になることを願って。


コジエ


【お詫び】
諸事情により先週の「馬橋コラム」が未更新となったことと
今回の更新時刻が大幅に遅くなりましたことを
心よりお詫び申し上げます。

| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近のわたくし
馬橋コラムには久々の登場。
実行委員(監督になることもある)のコジエです。

先月末の映画祭を終え、
ふとある事に気付きました。

第5回馬橋映画祭の翌日に仕事辞めたんだった。
で第6回が終わったってことは・・・

まるまる半年『無職』じゃん!

自覚してなかったってことが恐ろしいです。

そんなこんなで色々と考えた結果…
というか、考えるために、実は生活の拠点を
実家である山梨にこっそりと今月から移しました。

一応、都内のアパートはキープ。
ほぼ週いちで上京してきているんですけどね。

『アラフォー』という言葉は嫌いなので
『 LEVEL4 』とあえて言わせていただきますが
今年ついにレベルが上がってしまうわたくし。
まあ、節目ですよ、節目。

まあ、ちょっと気分転換をしつつ
上京した時に就活でも… というつもりだったのですが
これって確実に実家に「寄生(パラサイト)」ですね。

実家は農業を営んでいるので、夏に向けての筋トレも
兼ねて手伝いをしながら…なんて思っていたのですが
長年の都会暮らし=不摂生しまくりのおかげで
帰省(寄生)第1週目からダメっぷり炸裂。

緑がまぶしい!と感動したのも束の間、蚊の攻撃が尋常じゃねえぞ

週の前半は『寝たきり中年』
週の後半は『痴呆中年』
やったことといえば庭の写真を撮ったことくらい。

時として自然はスゲぇケミカルな色彩で人を驚かせますな

あーダメダメ!

実際に体調的なこともあったのですが
それにしても両親に申し訳ないというか
両親が可哀想すぎます。
書いてて嫌になってきた。

日課は「めだかの観察」というイタイ子になってます

と、愚痴っていても仕方がないので
この環境だから出来ること、感じられること、
そんな物事に意識を集中しながら New コジエ を
見つけ出してみようかな?なんて思っております。

来週末は近くの公園で『ホタルまつり』があります。

18歳で上京。気付けば故郷で過ごした時間よりも
東京で過ごした時間の方が長くなっていました。

20年振りに見るホタルの光は
今の自分の瞳にどんな風に映るのか・・・

少し楽しみです。


そうそう、巷で話題の『ほったらかし温泉』。
実家から5分ほどの距離です。
ほったらかす予定のある方はぜひご一報ください。


帰る、変える、代える、替える、還る、返る ・・・

散々、ダメっぷりを語っておいてなんですが
皆さんも、たまに何か『かえる』と楽しいですよ。


さて、
お別れのナンバーは最近ずっと聴いてる
RADWIMPS 『37458』





それではみなさん
またお会いしましょう!


盆地より愛をこめて
コジエ
| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
普通のことを色んな違うふうに見えて。。

普通のことを色んな違うふうに見えて。。


neonwondergirlです。


今回の映画祭はプライベート映像が多いです。


これは1927年のパラマウントスタジオ地図です。



カリフォルニア州なのに、他の州とか国と似てるところを紹介されて、撮影のための地図です。ケンタッキー山, ミシシッピ川, ニューイングランド地方, シベリア, サハラ砂漠, ナイル川, アフリカなどが書いてありますね。


今回は、完全に想像して作られたものではなく、日常の中の不思議なことが映ってる映像が多いので、この地図をアップしようと思いました。


今回のドラマにしても、二本しかないですけど、(ネタバレしないように書くとすると)両方見て頂けたら、また同じものを違うように見えて来ます。


今日はまた16時から来て頂けたら、今回のAプログラムからEプログラムまで全部の作品をもう一回やるので、よろしければ自分の日常の中の不思議さを考えるためでもどうぞ。。。。


それから、21時からはお楽しみのアンコール上映と交流会です。


ちなみに、私の中では、地図なくても高円寺を普通に見ても、まだ色んなことを不思議に見えるので、その地図のようなかんじです。高円寺は私のとって、映画をとても撮りやすい場所です。ここに住めることできて、とても恵まれていると思います!


ではでは





| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
プレ・イベントを終えて…
最近は監督になりそこねている実行委員
佐藤 a.k.a. コジエがお送りするマバコラです。
本日は更新時間が遅くなり大変申し訳ありません。

21時をもちましてプレ・イベントが無事終了。
それと同時に第6回馬橋映画祭への作品受付も
締め切りとなりました。

今回の(以前より)厳しい締め切り設定の中で
作品をご応募いただいた皆さん

本当にありがとうございました。

提出を終えた監督の方々は映画祭当日(上映前)の
あのなんとも言えない緊張感に備えて
しばしのんびりお過ごしください。

今回は応募できなかった方は、ぜひ観客という
映画には必要不可欠な存在として
当日に会場へ足をお運びください。


さて、本日のプレ・イベントのご報告を…


今回は『オール・リクエスト』方式で過去作品を上映。

そのために他の実行委員2人が過去にさかのぼり
ほぼ全員の監督に連絡を取り、映画祭当日以外の
イベントなどでの上映可否を確認してくれました。

おかげで実行委員の我々ですら長いこと観られなかった
幻の作品の数々を晴れて鑑賞することができました。
手前味噌で恐縮ですが、馬橋でしか観られない
すばらしい作品の多さに改めて感心しました。

またこのような機会を作りたいと思いますので
その際はどうか期待して遊びに来てください。

オール・リクエストということで
今回、改めて第1回からの作品の整理と
リスト化をおこないました。

題して『馬橋映画祭アーカイブ』

見た目はシンプルですが載ってる作品はカオスです

感謝する振りで何気に勧誘する挨拶文つき

5回目までの全作品を掲載。こうして見ると圧巻!


このアーカイブに収録されている作品は
あくまでも公式上映作品のみ。

その数… 112作品

これまで馬橋映画祭に携わっていただいた方々に
ただただ感謝するばかりです。

そして、これからもどうかよろしくお願いします。

さあ、第6回目ではどんな作品がどれだけ
この記録に加わるのでしょうか?

詳細は…

そして第6回の詳細は…


エントリーもプレ・イベントも終わりました。
ここからが実行委員にとって本当の始まりです。

当日、胸を張って皆さんを迎えられるよう
新しいスタートを切った


今はそんな気分です。

今後、詳細について順次発表してまいりますので
ちょこちょこと公式ブログを覗いてみてください。

それではまたお会いしましょう!


佐藤孝二 こと コジエ
| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
[週刊マバコラ] 番外編:こんな映画が観てみたかった
実行委員たまに監督の佐藤 a.k.a. コジエがお送りする
三週間振りの「週刊マバコラ」です。

予告通り番外編ということで、
映画祭初の当日ドタキャンとういう実行委員として
あるまじき醜態をさらした作品の内容をここで
「こんな映画が観てみたかった」と題して
ご紹介したいと思います。


作品No.00 「Art Spot NAKANO」
手抜きでごめんなさい

ジャンルで言うとドキュメンタリー。

以前、友人がmixi日記に書いていた中野のポスター展が気になり
実際に見に行った後に何気なく自分も日記を書きました。

その日記がこちら

その後、友人からメッセージが…


「予想もつかなかった事がひとつ起こっています」


えっ?なんだなんだ?と意味がわからず
なにが起こっているのかを聞いてみたところ返信が…


コジエさんが撮った
ラクガキ防止のポスターの中に
俺が勝手に書いて
勝手に貼りに行ったやつが入選しています…
(ラクガキするとじごくに落ちるというやつです)



ええぇぇぇ!
とビックリしていると日記のコメント欄でも
「あのポスターの画風が・・・」とかたった今まで自分も知らなかった
事実を指摘するコメントがちらほらと。

いやぁ、ちょっとした日記のつもりがいろんなことに
巻き込まれてしまった感がひしひしと・・・

さあ、どうしたもんかと考えた結果、
やっぱり悪戯には悪戯でお返しをということで
コジエは翌日、行動に出たのでした。

その日の日記がこちら

謎のパネル登場

「こどもの人権」ポスター展と「らくがき防止」ポスター展
の両会場に謎のパネルが出現!






すべて実話の「大人のいたずら」対決。

かれこれもう2年も前の話ですが、今でも思い出して
この偶然の重なり方や、お互いのフットワークの軽さに
驚いたり感心しています。

自分自身の「記録」として、ぜひいつか作品として
完成させてみたいです。

マリーさんもこう言ってます


さて、なんだかんだと映画祭も来月開催です。
直前になってもインフォメーション不足で申し訳ありません。

今後、詳細について順次発表してまいりますので
ちょこちょこと公式ブログを覗いてみてください。

それではまたお会いしましょう!
| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日は久しぶりに長く撮影しました。


ガイジンのneonwondergirlです。 


まず報告:「次の映画祭の締め切りは書いてあるけど、映画祭自体の日にちは見つからない!」というふうに言われました。たしかにですね。

映画祭自体は5月29日と30日です!

 

それでですね。

 

撮影をするというのは、元々暴力的なところがあるというのは有名ですね。それは昔から撮影する時に個人的によく感じていましたが、この数年は一般社会ではそれが再び強くなった気がします。

 

こういうことについてはどこで誰か書いてるだろうと思うので、知ってる方がいればコメントで皆に教えてください。

 

「撮影をする/されること」に対しての一般的の意識は3つの時代に別れてる気がします。どうでしょうか。

 

大昔の映像を見ると、「カメラ」というもの自体はまず分からないし、撮影されている人の顔を見ると面白いですね。「自分の姿が機械を通して残る」という発想は新しかった時代ですね。だんだんカメラ/撮影ということになれて、時代が変わりました。

 しかし、デジタル/ネット/それからユーチューブの時代でだんだん一般的の意識がまた変わりませんでしたか?

 

3つ時代:

1.「その機械はなんなの?」

. 「あなたは私の顔を撮って、あなたが持つ」(一般てきに。映画会社が撮る映像などが例外で)

.  「あなたが私の顔を撮って、数分後は世界中で見れる」というのがだんだん一般的になるのではないでしょうか。

 

「段階だけ」と言われるかもしれませんが、実は時代が完全に変わった気がします。

 

個人的にはもう、自分は撮影してる時は暴力だと思っていません。「撮影するというのはそういうところもある」を意識しながら撮っています。

 

「セックスは暴力」と思った時代も長かったですし。


今日の撮影は非常に楽しかったです。

 

 

 

 

| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
締め切り厳守ですよ!
 
もう3週間たってしまいましたね。
どうも実行委員のすっちーでございます。
 
どうですか?皆さん?えいが作ってますか?
自分は好調撮影中です!
 
今回から締め切りが厳しくなります!
エントリー受付締切 2010年 5月 9日(日) 21時 ※必着
作品 (DVD)受付締切 2010年 5月16日(日) 21時 ※必着





というかいままですいません!!!!
締め切りに遅れたこととかないんですが…とりあえずすいません!
 
ということで今回から締め切り厳守になります。
自分も含め、皆さんご協力お願いいたします!!!
本当に今回から締め切り厳守にします。
 
皆さん守ってくれてるのですが…。
とりあえずいっておきます!
本当にお願いします!
上映できなくなりますので本当にご注意を!
まずは
 
エントリーシート提出
 
これができてないとプログラム載せられません=上映できません!
 
とりあえずエントリーシートに作品の詳細を記入して提出してください!
お問い合わせは下記になります。
 
その他次回の詳しい情報は下記の記事に載っています
http://mmf2008.jugem.jp/?cid=1

ではもう一度
エントリー受付締切 2010年 5月 9日(日) 21時 ※必着
作品 (DVD)受付締切 2010年 5月16日(日) 21時 ※必着
    
皆さんよろしくお願いします!!

| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[週刊マバコラ] 番外編:こんな映画が観てみたかった <予告>
ついにネタ切れ!

花粉症で頭がまわらなくって・・・ と言い訳する
実行委員たまに監督の佐藤 a.k.a. コジエがお送りする
三週間振りの「週刊マバコラ」です。

ネタ切れということで今回は番外編の予告でお許しを!
番外編ということで、題して

「こんな映画が観てみたかった」

前回、編集の最終段階でデータが壊れ(また言い訳か!?)
映画祭初の当日ドタキャンとういう実行委員としてあるまじき
醜態をさらした作品の内容をご紹介したいと思います。


作品No.00「Art Spot NAKANO」

手抜きでごめんなさい

ジャンルで言うとドキュメンタリー。

以前、友人がmixi日記に書いていた中野のポスター展が気になり
実際に見に行った後に何気なく自分も日記を書いたところ
その友人からメッセージが…


サイケトリップ!


「予想もつかなかった事がひとつ起こっています」


バッドトリップ!


その謎のメッセージを発端に、ただの日記が思わぬ展開に!
すべて実話の「大人のいたずら」対決。

なんだ、そりゃ?

そう思った方は、ぜひ三週間後をお楽しみに!!


佐藤 a.k.a. コジエ
| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画は考えさせないといけないですか?
こんばんは。ガイジンのneonwondergirlです。

考えさせる映像=能動的な体験  /  考えさせない映像=受動的な体験


実験/アート系映像以外ですね。


皆さまどう思いますか?


私は嘘だと思っています。


アメリカのCNNでやってる「Situation Room」ような番組はニュースとして放送されていますが、本当は娯楽映像で、確かに受動的ですね。


これがその番組の映像です。これとかこれとかこれも。



まず、全ての問題は二つの側面しかないというふうに取り上げられてます。見てる側は、深く考えないで、スポーツの試合を見てると同じように、 既に気に入った考え方をただ応援することになるでしょう。それと、画面の中の無駄の動きによって、人間の野生の本能を刺激されことになるでしょう。もちろんテロなど恐怖の内容も不釣り合いに多いですけど、人間は昔の野生の時代からずっと、ちょっとした分からない動きで無意識にちょっとした恐怖を感じるか少し性的に興奮するという考え方があります。このように刺激をされることで、一時期に理性が失うらしいです。そうしたらとんでもない理論でもなんでも考えせずに受けられます。この考え方を批判してる人もいると思いますが、上の映像を、音を消して見てください。ずっとカメラも動いていますし、グラフィックと文字が動いていない画面はないですね。こんなに無駄な視覚の刺激を受けて、取り上げられてる問題について冷静に考えることは本当にできるのでしょうか。


しかし、最初に書いたように、もちろんこの例のような受動的な娯楽映像もあるのですが、実際は娯楽映像の能動的な体験もあると思います。


2000年代に、マイアミが舞台のでかいハリウッドの警察映画が二つありました。


両方とも、別に思想のある映画でもありませんし、セルフもストーリーも特別ではなくて、ありがちな警察と犯人の話です。そういうふうに「考えさせる」ような映画ではないですが、上のCNNの例より能動的な体験はできると思います。


バッドボーイズ 2バッド(2003)のような娯楽映画はルネサンスペインティングと同じように考えています。内容と価値観はほとんど決まっていますし、その内容と価値観に対して同意できないのですが、技術が面白いのです。上のニュースの例みたいに、制作者の想定では、「考えさせる」映像なのに、ずるずるで脳を寝かせられてしまいます。
バッドボーイズ 2バッドは考えさせるのはありえない映画だから、爆弾の美しさなど矛盾なく楽しむことができます。


バッドボーイズ 2バッドはそんなにへんな映画ではないですが、マイアミ・バイス (2006)は、普通とかなり違うようなアクション映画です。また、それがストーリーとかセリフが特に面白いことはなくて、ただとても不可解な映画ですね。映像も暗いですし、音楽と全体的な雰囲気が意味なく不安にさせます。マネを思い出します。マネの絵は考えさられる人もいれば、私みたいに、能動的にずっと見てるのに、そんなに考えてるわけではないということもあります。へんで美しくて、能動的に感じられます。意味分からなくても構いません。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


4月9日に、ハーポ部長という友達と高円寺の素人の乱12号店で「わくわく動物シネマ」というイベントをやるので、よろしければ遊びに来てください!


| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一年
皆さん映画作ってますか?映画観てますか?
 
順調?撮影進行中、実行委員のすっちーです。
もうすぐ春ですね。
 
春といえば
 
桜といえば
 
昨年を思い出します。
 
昨年の3月26日にうちの娘がこの世に登場しました。
 
この一年あっという間にすぎました。
 
昨年春頃の写真


昔の自分の写真とかって本当にみててはずかしくなります。

わけーなーっていうか世の中なめてたなーみたいな気持ちになります。

いろいろなことを知ると言葉が出なくなってしまいます。



娘は日々言葉を理解し毎日一言おぼえるようになりました。

首もすわらない頃には考えられなかった光景です。

どんな女の子になるか今から楽しみです。

今のところ、味にうるさい は確定しているようです。
| 馬橋映画祭実行委員 | [週刊] 馬橋コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |